これから注射をするならば気をつけることや基礎知識を知っておこう

サイトメニュー

美容医療で活躍する成分

エステシャン

しわやエラを消す効果

ボトックスは、多汗症の治療や頬のエラの治療などに使われる成分です。ボツリヌス菌から抽出し生成されており、筋肉に注入するとその部分の筋肉を弛緩させるという性質を持っています。この性質を活かし、表情筋や咬筋の発達によって生じていたしわやエラを消すことが出来るのです。ボトックスの治療方法は、注射器で気になる部分に注射をするというだけなので、とても簡単です。しかし、医療目的で使用する場合には、内服治療を行うケースもあります。注射をしたときチクっとした痛みを感じる程度で、負担は少なく治療は簡単に終わるのでとてもお手軽です。この手軽さも人気の秘密で、あまり通院に時間が取れないOLなどに特に人気を集めています。また、費用の安さも評判です。ボトックス治療は、1回でおよそ3〜4万円かかるのが相場で、持続期間は3〜6か月ですので、1年間にかかる費用を計算してもそれほど高くありません。無理なく費用を算出出来るので、気軽に治療をする人も増えてきました。また、ボトックス治療にて気を付けなければならないのが副作用です。基本的に副作用が起こることはあまりありませんが、まれに量が多かったり、体質的に合わなかったりなどの理由で副作用が現れてしまうこともあります。そのため、医師の腕というのも非常に重要になってきます。治療をしてもらうクリニックを選ぶ際には、ホームページなどをチェックし症例実績や症例写真などを参考にすると良いでしょう。信頼できる医師、クリニックを見つけることで、その後の満足度も変わってきます。

ボトックス治療のよくある副作用としては、頭痛、目の異常感、炎症部位のかゆみ、腫れ、痛みなどです。他にも、筋肉弛緩の作用が働きすぎて表情が上手く作れなかったりといった症状が副作用として出ることもあります。このような副作用は、基本的に数日様子を見ていると落ち着くことがほとんどです。赤みやかゆみがある場合は、氷で冷やすなどの処置もOKですので試してみると良いでしょう。しかし、何日も症状が続くようであれば、医師に相談して適切な処置をしてもらう必要があります。一度副作用が出てしまった場合は、その後ボトックスを使用する際はごく少量からスタートし様子を見ながら進めていきます。問題ないようであれば量を増やし少しずつ成分を体に慣らすことで、副作用を抑える効果が期待出来ます。ちなみに、妊娠中、授乳中、緑内障、ぜんそくなどの持病を持っている人、薬を服用中の人などは治療を受けられないので、治療前に必ず確認するようにしましょう。また治療による大きなメリットは、アンチエイジングにもなるということです。ボトックスを注入した部分は、肌のハリが現れるため、見た目の年齢が下がってみえます。この効果を期待して治療を行う人も多くいます。持続期間も、治療を重ねるごとに長くなるので、簡単にアンチエイジングが出来ます。このようにボトックスは、正しく使えば簡単で確実に美容効果を得られる成分です。この特徴を活かし、医療現場でもリハビリ治療などに使われており、多くの人々を助けています。ボトックス治療で美を手に入れ、新しい自分を手に入れましょう。

Copyright© 2019 これから注射をするならば気をつけることや基礎知識を知っておこう All Rights Reserved.