これから注射をするならば気をつけることや基礎知識を知っておこう

サイトメニュー

見た目の問題を解決には

エステティシャン

仕組みや費用のことを知りたい

美容整形も、昔に比べるとずいぶん気軽にできるようになりました。一昔前は、大掛かりな手術をしなければならないことが多かったわけです。例えば、顔を小さくする手術は骨を削ることにより実現しましたが、骨を削るとなると全身麻酔をしなければなりませんでした。ところが最近は、ボトックス注射一本で顔を小さくすることが可能になっています。このように、美容整形も非常に便利になったことから多くの人が美容整形をしようとしています。若い人の間でよく利用されているボトックス注射ですが、ボトックス注射の仕組みとしては筋肉を縮小させる働きがあります。もう少し詳しく説明すると、ボトックス注射の中には、ボツリヌス菌と呼ばれる細菌が入っています。本来この細菌は腹痛の原因になるものでしたが医療用に改良し筋肉の働きをまひさせることに成功しました。筋肉は、麻痺すると少しずつ縮小していく傾向があります。この性質を上手に利用して、筋肉を縮小させることに成功したわけです。これにより、ボトックス注射自体がエラの部分の筋肉を縮小させ結果的に顔を小さくすることが実現したわけです。このような仕組みは、顔を小さくする場面だけでなく表情筋などによって皺ができるパターンも解消することができるようになりました。例えば、ひたいの皺や眉間の皺などは顔の表面の筋肉の力を弱めることで減らすことが可能になります。しかも注射一本で結果を出すことができますので非常に魅力的でしょう。ただ、注射をあまりし過ぎると副作用が出ます。どのような副作用かといえば、顔に力が入らないことが考えられますので注射の打ち過ぎは注意が必要です。

ボトックス注射の費用がどれぐらいかを理解すると、ますますボトックス注射を打ってみたいと考える人が出てくるでしょう。ボトックス注射は一本当たり\10000から\20000ぐらいになるのも相場です。中には、\5000未満で注射を打つことができるパターンもありますが、料金が安いものはそれなりに効果が薄いと考えてよいでしょう。この点に関して、料金が安いものは「副作用が出やすいのではないか」と考えている人もいるかもしれません。確かに、あまりにも料金が安いものに関しては不安に感じても仕方がないところです。ですが実際には、料金が安いからといって必ずしも副作用が出るとは限りません。それよりもむしろ、ボトックス注射を打つことに対する効果があまり期待できないことが考えられます。例えば、小顔にする場合にはエラの部分にボトックス注射を打つことが必要になります。ですが、安いものを利用した場合にはあまり効果が出ず鏡で見ても変わっていないことも考えられるでしょう。それならば、初めからある程度しっかりとした品質のものを利用して一回で効果を出した方が患者にとってもより魅力的な結果を出すことができるようになります。もし副作用が出るとすれば、あまりにもたくさん打ち過ぎてしまった場合です。安いものを利用して効果が出ないからと次から次に注射を打ち込む場合には、筋肉がまひしやすくなり必要な筋肉すら動かせなくなるという副作用が出てしまう可能性も否定できません。たいていの場合医者の方でストップをかけますが、中には患者の言いなりになってしまう医者もいますので注意が必要です。

Copyright© 2019 これから注射をするならば気をつけることや基礎知識を知っておこう All Rights Reserved.